会社設立についてのメインコンテンツ

社団法人・財団法人設立

平成20年12月1日に施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」で、法人格の取得と公益性の判断を切り離すという基本方針のもと、営利(剰余金の分配)を目的としない団体については、事業自体の公益性の有無に関わらず登記のみによって、比較的簡易に法人格を取得することができるようになりました。
これが一般社団法人や一般財団法人と呼ばれる法人形態で、これら一般社団法人や一般財団法人は、NPO法人のように営利を追求しない社会貢献起業や小さな事業の立ち上げに最適な法人と言えます。
さらに一定の条件をクリアすれば、税制上の優遇措置も受けられるようになりました。
公益法人の移行認定、移行認可、公益認定のサポート業務も承ります。

会社設立メニュー