会社設立についてのメインコンテンツ

法人設立を行政書士に頼むメリット

法人設立を行政書士に頼むメリットイメージ

法人設立の大まかな流れを説明しますと、まず定款という書類を作成し、法務局に作成した定款を提出(登記)することで法人が設立できます。
この法人設立の流れの中で、行政書士は定款を作成することのみを業務としておりますので、法人設立で最も重要な定款の作成を専門家に依頼することで、法人設立時の費用を低く抑えることができます。
時間や手間のかかる法人設立の業務の中で、専門家に任せる部分は任せ、効率的に法人設立を進めてみてはいかがでしょう。

1.低予算で依頼することが可能で時間の短縮にもつながります!

行政書士の相談料や報酬は事務所によって当然異なりますが、行政書士全体で見ると他士業と比べても比較的安価に設定されている傾向にあります。
また、報酬に関しても弁護士のように着手金や成功報酬等の制度がありませんので、1つの業務ごとに金額を設定している行政書士が一般的と言えます。
従いまして、業務の着手前に明確な料金を提示してくれますので、必ず確認しましょう。
また、低予算での法人設立を目指すためにも、手間がかからない部分はご自身で行い、手間がかかりそうな部分のみ行政書士に依頼するというのが、最も効率的な進め方と言えるでしょう。

2.行政書士に相談するのに紹介者は必要ありません!

士業の中でも弁護士に依頼しようとした場合、事務所によっては紹介が無いことで門前払いを受けるケースが多々あります。
これが弁護士が敷居が高いと思われている1つの要因なのですが、行政書士には紹介は必要ありません。
料金や報酬の件で相談に行くのを躊躇しているようであれば、お気軽に行政書士にご相談いただければと思います。

3.トラブルを未然に防ぐのが行政書士の仕事です!

行政書士の業務の中心は、専門的な知識を要して後に起こるであろうトラブルを未然に防ぐという、紛争予防業務にあると言えます。
法人設立の業務は個々の権利義務や事実証明の主張であり、行政書士はご相談者様の、出来る限りトラブルを回避しつつ自分で問題を解決していきたい、という要望に合致していると思われます。
また、士業の中でも特に行政書士は、自分たちの業務をサービス業と考えている人が多数いますので、ご相談者様の立場に立った親身なサポートをご提供できると思います。

4.許認可の取得が必要な法人設立は行政書士の得意分野です!

もし、ご相談者様が設立しようとしている法人が行政の許認可を必要とするような業種である場合、その許認可を取得しない限り、法人を設立しても事業を行えない場合があります。
さらに、この許認可の取得は、場合によっては法人を設立することよりも難しい場合が多々あるのです。
許認可を必要とするような法人の設立は、許認可取得の専門家である行政書士のサポートが不可欠です。